<   2008年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

読書記録 ホロー荘の殺人

タイトル:ホロー荘の殺人
著者:アガサ・クリスティー

感想:

この話の登場人物は素晴らしいです。
ミステリというよりは、どちらかというと愛憎劇です。

医者の夫ジョンを崇拝し身も心も捧げるガータ、
そのジョンの愛人で聡明な彫刻家のヘンリエッタ、
名家の出ながら一人で働き身を立てているミッジ、
そして、天真爛漫なホロー荘の女主人ルーシー、
と、なかなか現実にも居そうな、個性豊な女性が揃います。

男性陣は、
ホロー荘の主人のヘンリー・アンカテル卿、
ヘンリエッタと浮気しながら難病の研究に身を捧げている医者のジョン、
幼馴染のヘンリエッタをずっと思い続けているエドワード、
シニカルで斜に構えてる中二病のデイビッド、
と・・・まあこんな感じ。

ホロー荘に上記の一同が集まり、休日を過ごそうとします。
偶然、隣の家に来ていたポアロが招かれて出かけると、
プールサイドにはジョンの死体が・・・その隣にはピストルを手にしたガータが・・・・。

なんと言っても、ヘンリエッタという女性が魅力的です。
ジョンと浮気を続けながらも、ガータを気遣うヘンリエッタ。
一瞬でも理想の線や面を見つけたら、
どんな努力をしても作品に残そうという芸術に対する姿勢。

一方、ガータは愚直なまでに夫に尽くす妻であり、
ジョンはガータを退屈に思っています。
ガータもそれを感じて、居心地の悪い思いを常にしています。

ジョンは快活で博識で、仕事に打ち込む男であり、
難病に苦しむおばあさんを励ましながら一緒に治療に当たります。
誰から見ても、魅力的な大人の男性です。

エドワードは心優しい穏やかなお金持ちのボンボンで、
小さい頃からヘンリエッタに恋していてプロポーズして振られています。
ジョンと並ぶと、エドワードはかすんでしまう・・・。

そんなエドワードをこれまた子供の頃から好きだったミッジ。
彼女は同じ一族なのに、父親を早くに亡くして自立を余儀なくされ、
ブティックの店員として忙しくこき使われ辛い日々を送っています。

ジョンが殺害された事で、彼らの心情が交差していきます。
犯人と目されているガータをかばうヘンリエッタ、
ジョンが死んで勝ち目が出てきたと思うエドワード、
ホロー荘での楽しい日々を終えて現実へ戻るミッジ・・・・。

最後は、ちょっと悲しいけれど、納得のいく終わり方です。
ポワロは陰薄いですよ。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-09 15:01 |

読書記録 わらしべ長者

タイトル:わらしべ長者-日本の民話二十二編
著者:木下順二/赤羽末吉・絵

感想:

最近、娘と一緒に良く図書館へ行きます。
日本の昔話の棚で、思わず手に取った一冊。

というのも、この本、私が子供の頃に家に有ったんですよ。
懐かしさのあまり立ったまま、パラパラとめくっていくうちに、
ほぼ完読ww

あらためて読んでみると、面白いですね、昔話って。

そして、すっかり忘れてた話もあったのですが、
妙に印象に残っていた話も。

それは「うばっ皮」というお話です。

ある時、ひきがえるを助けた娘(美しい)に、お礼に
「これはあなたを守るかもしれない」と
なんだか皮みたいなものをくれる。

娘がそれを被ると、
ひきがえるみたいなみっともない姿に変わってしまう。

ある事情から家を出ることになった娘は、
道中安全に進もうと、うばっ皮を被って旅をする。
みにくい娘を誰も相手にしない。

そしてとあるお金持ちの家の風呂焚き女として雇われる。
家中の人間が「きたならしい娘じゃあ」とか言って、
ここでも相手にされない。

しかし・・・・家に誰もいない時やこっそり芝居を観に行く時、
娘はうばっ皮を脱ぐのだ。
その姿を、そこの家の跡取り息子が目にし・・・・。

最後はハッピーエンドのシンデレラストーリーです。


しわくちゃのみにくい姿になる皮を、
自ら被って難を逃れるって面白いです。

・・・この娘さんは、うばっ皮を被っていた時は、
誰も自分を相手にしなくて誰からも見られなくて、
かえって心穏やかにいられたのかもしれないな。

そんな事を思いました。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-08 18:44 |

JALにした

アリタリア航空経営破たんで、ちょっと不安になっていたローマ行き。

ぐはっ(;□;)!!
旅行代理店に電話してみた

いっそパリはどうか?という話も出ていたのですが、
なんだか気持ち的にはローマだし・・・という事で、
アリタリアのエアチケットを一旦キャンセルし、
JALで取り直しました。

JALって妙にお高いイメージあったんですけど、
そんなに違わないんですね・・・。

はぁーーー。
なんか行く前から疲れた(笑)

なんにせよ、良かった。
宿は、アパートタイプなんてどうかしら?とネットで探しちう。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-08 14:26 |

来てます

a0001335_1715840.jpg

久しぶりにプーさんちう。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-06 17:01 | 東京ディズニーリゾート

マジか!!!

a0001335_16534228.jpg

[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-05 16:53 |

キャッチフレーズ

snowdrop99さんのところで、面白そうなものを見つけました。
マニアですか・・・

a0001335_11474550.jpg


(クリックして大きくしてね)

あー、かぐの好きかも(笑)
娘が赤ちゃんの頃、頭の匂いをかぐのが好きだったなあ・・・。
今も時々かぐけど、単なる頭皮の匂いしかしない。
あのミルクくさい匂いは赤ちゃん限定だよね。

Yahoo!パートナー キャッチフレーズ工場
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-04 11:50 | 日記

ヤモリ見っけ!

a0001335_23143425.jpg

可愛い(o^-^o)
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-03 23:14 | 日記

新しいチキルームへ行ってきた

ゲット・ザ・フィーバーからリニューアルしたチキルーム。

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ

スティッチが投入されたという事で、先日、娘と行ってきました

まず、驚いたのは・・・キューラインというのかな?
チキルームの前に行列を制御する柵が出来ていたこと。

え?チキルームに並ぶの???みたいな(笑)

岩のベンチで待つところでは、ただ待つだけ。
扉が開いて鳥達がラップを聴かせることもなく。

ただ、スティッチがいるよ!みたいなシルエットの飾りつけはありました。

中に入ると、
中央に大きな壷状のもの。
天井から下がってる大きな植木鉢みたいなものの中には、
鳥はいません。変な植物だけ。
チキは最初から目をかっぴらいています。
鴨居にいるサルは動きません。

中心となる4羽の鳥は相変わらず。
そのうちの一羽はひたすら
「ビッグ・カフーナを怒らせたらヤバイよ!」と言ってるだけ。
歌は、ハワイ調になったので、パンチ弱めのゆったりリズム。

あちこちで何かおこって、ビッグ・カフーナか?って
大騒ぎになるけど、結局スティッチかよ!という。

でも子供は大喜び。
スティッチに「みんな、オハナ」とか言われて感動してました。

全く別のアトラクションに生まれ変わったので、
以前のチキルームを期待して入ると怒りがこみ上げてくるかもw
私のゲット・ザ・フィーバーを返せ!と思いましたもん。

鳥の歌を聴くのではなく、スティッチのウクレレを堪能するアトラクです。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-03 11:33 | 東京ディズニーリゾート

タコねぇ・・・・

子供って、聞き間違えたまま覚えてしまうというのは、よくある。
箱ねぇ・・・・

先日、父親が会社に行くためにスーツを着ようとしていたところ、娘が

娘 「ねえ、おじいちゃん、なんでスデダコはくの?」

私 爆笑

父 「ユデダコ?そんなのはかないよ?」

娘 「そうじゃないよ、スデダコだよ!」

父 「????」

私 「お父さん、きっとステテコの事だよ(笑)」


まあ、確かにそう聞こえるわな。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-02 10:54 |

辞任か・・・・

「無責任」って言葉が頭に浮かんだ。

内閣改造したばかりに辞めるの、安倍さんと似てるね・・・・。

麻生さんは、
私には人気取りのためなら過激な発言もするってタイプに思えて、
あんまり好きではありません。

どーなんのかな、日本・・・・・。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2008-09-02 10:31 | 日記