ラブソングができるまで

ラブソングができるまで | Excite エキサイトシネマ

80年代のポップスター、アレックスは、人気歌手コーラからデュエットを頼まれる。数年ぶりに作曲を始めた彼は、苦手な作詞を植木係ソフィの言語センスに頼って進めるが、彼女はつらい恋愛を経験して男性不信だった。


機内で見た映画。



なんかベタベタな展開のラブ・ストーリー。
あまりにベタ過ぎて、ハラハラするところが無い(笑)

けど、冒頭からヒュー・グラント演じるアレックスの80年代アイドルスターっぷりが笑える。
アレックス率いるアドルバンドはその名も“PoP”。
80年代当時の髪型とか、「そうそう、こういうの流行ってた!」と叫んでしまった。
そして現在は落ちぶれて同窓会や遊園地で営業を続けているのだ。
しかもバンド解散後のソロ・アルバム作りで、自分には作詞の才能がないと気付いてしまっている。
そのあたりは結構可笑しくも悲しい。

ドリュー・バリモアのソフィは作家志望で悲しい過去のある女性を上手く演じてたと思う。
ソフィのお姉さんの豪快っぷりも良かった。

そんなアレックスとソフィの二人が力を合わせて曲を完成させていく・・・。

それと、コーラ(ヘイリー・ベネット)の東洋への傾倒ぶりがこれまた爆笑。
だって、ステージ上に大仏が鎮座してるんだよぉ(笑)
その前でほとんど半裸でエロティックなダンスしまくり。
罰が当たるぞ!!!

そんなこんなの細かいところも笑えたし。
お決まりの展開のハッピーエンドなので、安心して見ていられます。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2007-05-07 12:16 | 今日の音楽と映画