純と愛が面白くない

朝の連続テレビ小説、純と愛が面白くない。

機能不全(だよね?)家族の中で孤立してる純と愛が結婚して、
おじい(?)のまほうのくにを目指して支え合い頑張る・・・ってことらしいけど。
とにかくつまらん。

なんだか、純にも愛にも全く好感も共感も持てないんだよね。
どちらも自分勝手で自己中。

純はおせっかい(しかもそのおせっかいは他人への本当の思いやりじゃなくて
「自分が良いと思ったから!」という気持ちから出ているように見える)。
愛は人の心が読める?本性が見える?という良く分からない性質に苦しんで
仕事も出来なかったはずなのに、いざとなると得意げに人の心読みまくりで
さらに純に自分の想いの押し付けしてるようにしか見えない。

それと、徹底的に純と父と愛の母を嫌な奴に描くよね。
それも慣れない。

ドラマも後半戦なのに、オオサキホテル(だっけ?もうどうでも良い)の時とやってることは同じ。
おじいのホテルが解体され、これから再生の物語が始まるのか・・・・と思ったけど違ったみたい。
今の里やでも、部屋の前で絵本読み続けたり・・・あり得ないよ・・・・。

オオサキの富士子さんが同期が居るのに、「私が前の職場を辞めた時は・・・」みたいな
話をしていてあれっと思ったり、大阪と宮古を瞬間移動してみたり、関西弁を話さなかったり、
つじつま合わないことが多いのに、朝ドラのパクリみたいなものは沢山盛り込んでくるよね。
人の名前とか小道具とか・・・・気付いた人がクスリとするとか?
だったらつじつまの方を合わせて欲しいんだけどな。


とずーっと思っていたところ。

知らなかったけど、有名な脚本家さんなんですね。
自分はドラマも良く見ないし、脚本家で見るドラマを決めたりしないので、
お名前を知らない人だったけど、「ミタ」の人なんだってね。
んで、その脚本家さん、こういう作風らしいのね。
過激で極端な人物像、前半に鬱展開しておいて後半に一気に盛り上げる、とか。
小ネタも仕込んでくるみたい。

知らんがな。

こういう脚本家だから前半は不快な展開でもしょうがない、とか、
文句言いながら見てるのは、脚本家の思うつぼ、とか、
ドラマを沢山見てる人にとってはそういう感想らしいのだけれど、
そんなの知らない人にとってはどうでも良いよなあ。

前半落とすだけ落とせば、後半の成功がよりドラマチックになると?
主人公を不完全で嫌なやつに描けば、成長したと思わせる度合いが大きくなると?
だいたい、そんな素人くさい手法をミタに続けてすぐ使うってどうなの?

脚本家がそういう作風と分かって、少しだけ理解できたことがある。
つまり、脚本家が分かっててわざと視聴者が不快になる表現をしているということ。
そうすれば、最後の最後に感動する気持ちが大きくなるからでしょうが。

それって、視聴者が馬鹿にされてるってことだよね?
その馬鹿にしてる気持ちが画面を通じて伝わってきて、不快に感じるのだな。

梅ちゃんの時も感じたんだよね。
こうやって適当に主人公アゲしていれば視聴者は喜ぶだろ?という。
馬鹿にされてる感じがしてた。
だから梅ちゃんも、特に何も不快な事件が起こらなくてもなんか不快だった。
あれも梅ちゃんのお父さんを馬鹿にした描写があったよなあ。

でも、まだ梅ちゃんの方がマシじゃね?
「こうしてれば(馬鹿な)視聴者が喜ぶだろう」と思って作ってるのは、
とりあえず喜ばせようと言う気持ちが根底にあるから。
梅の方がマシに思えるとはねえ・・・・。

でも純愛はわざと不快にさせようとしてるんだよね・・・・。
主人公がもがき苦しむ様を表現しようとしているのは分かるけど、
そこにあんなドタバタして過激な表現は必要ありますか?
自殺や堕胎など簡単に出して簡単に引っ込めるのもいただけない。
小ネタや設定を深読みしながら楽しめ!って強要されるもんでもないし。

おしんでは、おしんのお母さんが冷たい川に入ってお腹の子を流そうとするシーンが出てきたけど、
真に迫ってて、過酷な生活を送って来たお母さんの人生を表す大事なエピソードだと思った。
そういう人の生に対して真実味というか重みが足りないような気がするんだよね。
だからドタバタしてるだけ、大騒ぎしてるだけ、に思うし、そのドタバタを演出するため自殺、
単なるスパイスみたいな自殺、としか思われない。

そういえば、ドタバタや大袈裟も、つばさでも良く見られたけど、
つばさはもちろんお母さんお父さんおばあちゃん弟くん、みんな欠点があって分かり合えなくて
家族崩壊と再生みたいなのがテーマで、このドラマと似ていた。
けどこんな不快感はなかった。つばさのおせっかいは純のおせっかいとどう違うのかな。
愛の特殊能力みたいな荒唐無稽な位置づけでラジオの精が出てきて、
最後につばさが成長して消えちゃうところは良かった。
多分、愛の特殊能力も愛が成長したので消えました・・・って持ってくると思うけど、
全然つばさにとってのラジオの精と違うと思うんだよね。

ま、とにかく面白くない。
最後にカタルシスを感じるような展開を持ってくるのだろうけど、
それって視聴者を馬鹿にしてるだけだから!
こんだけ落とせば、そりゃあ主人公の成長も目に見えるだろうし、良かったねとなるだろう。

大袈裟に不快に描かずしても、主人公の苦悩や成長は表現できると思います。
小ネタとか全然面白くないし、そんな小手先のごまかしはしないで欲しい。
結局、この脚本家の力不足を露呈してるだけでは?

あーーー今朝は流石にムカついたんで、長く書いてしまった。
失礼しました。
(でも撤回はしない)
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2013-01-12 11:04 | TV