パリでは水を買うのに少し手間取った

パリには、セブンイレブンは有りませんでした(当たり前か)

モノプリというコンビニめいたお店は有ったけれど、
後はスーパーマーケットがポツポツ有れば良い方で、基本的には、
個人商店の八百屋・肉屋・ワイン屋・チーズ屋・惣菜屋が沢山あるという感じ。

で、それらの個人商店は夕方7時(パリではまだ明るい時間帯)に閉まってしまうのです。
(スーパーは22時ころまでやってるお店もあった)

でですね、お水を売ってるお店が少ないのですよ。
スーパーまで行くか、惣菜屋さんかワイン屋さんの隅っこに置いてある水を買うしかないの。
町中には自販機もないしね。

なので、個人商店で美味しそうなチーズや鶏の丸焼きを買っても、
結局最後はスーパーに寄って水(とお菓子)を買ってました。

それが少しだけ手間でしたね。

パリジェンヌは普通に水道水を飲んでるのかなあ。


その代わり、外食するお店は沢山あるんです。
レストラン・カフェ・ビストロ・クレープリー・ファストフード店も。
それこそ、数メートル歩くとある、って感じで。

疲れたからちょっと休憩するのに、手間はかかりませんでした。
お店では、たいてい英語が通じましたしね。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-05-22 15:24 |