そろそろK市オフ

今年も、もうそんな季節なんですね。


日時:12月12日 金曜日 19:00より
場所:K市のどこか


参加される方は、鍵コメントかメールを下さい。
よろしくお願いします。

締め切りました!
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-11-30 23:59 | オフ会 | Trackback | Comments(14)

11/20 ボリショイバレエ 白鳥の湖

ボリショイバレエの白鳥、見てきました〜。
ザハロワのオデット/オディールとロヂキンのジークフリート。
ザハロワ、身体柔らか過ぎ!脚が頭の上まで上がる上がる。
そして腕がほっそい!
オデットは期待通り幸薄そうで良かったです。
でもオディールは?もっと悪そうに企んでる表情して欲しかったな
32回転は、ダブルも混ぜてたけど、基本はシングルでキッチリと音楽に合わせてました。

ザハロワ姫に期待し過ぎたのか?
なんかあっさりしてて拍子抜けしました。
お人形さんみたいに顔が整ってて、踊りも完璧なのに、何か伝わってこないと言うか。
ザハロワくらい有名で上手い人って、詩情みたいなものが伝わって来るじゃない?
役を演じるというよりは、存在を体現しているというか。
そういう感じでは無かったです。

ロヂキンは、今風の若いイケメン。
最初は憂いの表情も可愛らしくて良いわ〜って思ってたけど、
花嫁候補と踊るあたりで「自分の誕生会で、ここまでずーっとふくれっ面なのは、ただの自己中?」みたいな疑念が…。
それと、着地音がやや大きめ?どっすん!と何回か聞こえた…。

ボリショイの白鳥は、最後は王子が取り残されて呆然として終わるじゃん。
あの終わりは何度見ても慣れないなー。
それと、黒鳥のヴァリエーションが蛇使いの音楽で始まるのも、好みではないんだよなー。

ロットバルトはベリャコフでした。
一昨年見たときは、黒か紺に見えたタイツが、今年は緑いかった。
ロットバルトが黒鳥や白鳥を操って、フォーメーションを変えてくみたいな演出は面白いと思う。

道化はメドベージェフ、なんか前より道化ぶりがあっさりしてるように感じた。
もっと花嫁選びの時とか、おどけませんでしたっけ?
ジャンプや回転は流石でしたよ。

仕事の都合で、第二幕(キーロフの第三幕にあたる)からしか観れなかった(´;ω;`)
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-11-28 21:13 | 舞台 | Trackback | Comments(2)

今年もハロウィン仮装!

今年は、アナとハンスになりました〜。
オラフも居るよ。

アナのカバンが現代風なのは許してね(^_^;)

a0001335_16382129.jpg

[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-10-26 16:36 | Trackback | Comments(0)

東京バレエ団 ドン・キホーテ

東京バレエ団のドン・キホーテ、良かったです!
ボリショイからのゲスト、ロパーティンは、笑顔がキュートな可愛らしいバジルでした。
スタシュケヴィチはロパーティンの奥さんなんだよね?
実生活でも旦那さんを尻に敷いてそうな、気の強そうなキトリでした。

ロパーティンは奥さんが好きで好きでたまらない!って感じで、キトリのスタシュケヴィチを優しい目で見つめまくってました。
見てるこっちが照れるぜ。

東京バレエ団のドン・キホーテ、エスパーダの柄本弾くんが、思いの外格好良かったです。
柄本くん、今まですごく格好良いと思ったこと無かったのですが、今日はキリッとしててイケメンに見えたなぁ。
スカした表情の方が似合うのかな


ドン・キホーテ役の木村さん、ちょっと真面目なキホーテ?
真面目がおかしみに変わるような、そんなキホーテでした。
本当はエスパーダで見たかったけど、今回柄本くんのエスパーダみちゃったから …。

それと、ガマーシュ役の梅澤さん、とってもコミカルで芸が細かくて笑えました。
お付きの人が鏡を持って側で構えてて、ガマーシュは時々その鏡で自分の身だしなみを確認してるの、踊ってる最中もw
そういう小芝居を随所でやってる.


キューピッドの松倉さん、初めて見ましたが、目の大きい子供っぽくもある可愛らしいお顔で良かったです。

サンチョパンサの岡崎さん、外国人みたいに鼻が高かった。
こちらもキホーテと同じで、真面目なのが可笑しい感じ。

バジルのロパーティンはつま先がめっちゃ綺麗でした!
すごく甲が出てるし、常につま先まで気を配ってるのが分かった。
身体も柔らかく、上体を反らせた時に女性ダンサーなみに反るのがすごいな〜

キホーテの木村さんも小芝居いろいろやってました。
ガマーシュとならんで食事するところとか、ガマーシュが落ち着きなく飲んだり食べたりしてるのに、キホーテはお酒をつぐ給仕の少年に鷹揚な態度で接してました。

サンチョパンサがトランポリンみたいに放り上げられるところや、ジプシーの野営地での人形劇である人形がいじめられてるところ、キホーテの木村さんはとても心配そうでした。
耄碌してるとはちょっと違う、ちゃんとした判断力はあるみたいな感じ。


東京バレエ団のドンキは、ジプシーの野営地で、ジプシー女のちょっといっちゃってる激しい踊りがあって、いつも少しだけ興がそがれるというか、ついて行けない感じがするのですが、今回もちょっとそうでした。
なんだろう・・・ちょっと憑依体質?何かに取りつかれてる?
それともジプシーの親玉のこと好きなの?許されない恋を嘆いてる?
とにかく唐突過ぎて変な感じなんですよ。

ゆうぽうとホールは、それほど大きくないから後ろの席でも見やすかった。



配役など
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-10-26 12:24 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

2014フランクフルト旅行 リーメンシュナイダー編

リーメンシュナイダーの作品を見てきました。

1つ目は、ハイデルベルクのプファルツ選帝侯博物館で、「十二使徒」の祭壇です。
写真撮影不可でした・・・。
木に彫られた、三面に分れた作りでした。

次はヴュルツブルク。
a0001335_16595447.jpg
a0001335_16594430.jpg
a0001335_16590873.jpg
a0001335_16591945.jpg
a0001335_16593201.jpg
なんか良いでしょ。
過剰なものがなく、劇的でもなく、ただ静謐さと精神性が体現されているというか・・・

フランクフルトでは、リーピークハウス美術館で聖母子像を見たんだけど、やはり写真撮影せず。
こちらも良かったです。

[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-09-20 17:07 | | Trackback | Comments(0)

2014フランクフルト旅行 アパート編

フランクフルトに行ってきました。

フランクフルトは便利な街で、電車で1~2時間くらいで
あちこち行けます。
今回の旅は、リーメンシュナイダーの彫刻を見る、というのが
目的の一つだったのですが、3つの都市で見ることが出来ました。

今回もアパートを借りて(11泊!)のんびり行ってきました。
a0001335_16363284.jpg
なんか狭いと思うでしょ?

2ベッドルームの部屋を予約したのに、なんか知らんけど、
アパートの手違いで、1ルームが2部屋になってしまった・・・・。
キッチンがミニだし、食器も椅子も二つずつしかない・・・。
親の泊る部屋の方が若干広かったので、そちらに食器と椅子を持って移動。

まあ、その分、バスルームも二つあるから良いところもあるかな。

アパートはフランクフルト中央駅から徒歩5分くらい?
すぐ近くにスーパーがあるし、目の前が警察の建物(交番とかじゃなくて警視庁みたいな大きい建物)だから、なんとなく安全。
ドイツは日曜日はスーパーやレストランは休みだけど、駅の中のお店は年中無休だから旅行者には助かります。

ちなみに、アパートの受付は、スリランカの人で、イケメンでした。
とても英語が上手。
こちらもドイツ語は良く分からないから、英語で会話してました。

そう、8月中旬のドイツは寒かったの!
で、「ドイツはとても寒いね!」と言ったら「ドイツの夏は、7月後半の2週間だけだよ。今は秋だ」と言うようなことを言ってた(笑)

だから、念のためにと持って行った長袖シャツが大活躍。
ユニクロのポケッタブルパーカーも大活躍。
逆にサンダルは一回しか履かなかったなー。

[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-09-20 16:55 | | Trackback | Comments(3)

キエフ・バレエ 〜華麗なるクラシックバレエ・ハイライト〜

[PROGRAM]
「眠りの森の美女」より ローズ・アダージョ
「エスメラルダ」より
「白鳥の湖」第1幕2場より
「海賊」より
「くるみ割り人形」第2幕より
「人形の精」より
「ゴパック」 ほか
「ドン・キホーテ」より

ウクライナが大変な時に、来日してくれたキエフバレエのみなさん、
本当にありがとう!!

今回は、フィリピエワの瀕死の白鳥と、くるみの金平糖が素晴らしかったぁ。
もちろん、コールド付きの白鳥の湖も良かったのだけれど。

フィリピエワの相手役のデニス・ニェダク、最初の白鳥の王子で登場した時は、
鹿賀丈史かと見間違う程のわし鼻で、始終怖い顔してるし、ガッカリしたけど、
だんだん見慣れてくると格好良く見えてきた。
くるみの王子での、金平糖の精(フィリピエワ)を好きで好きでたまらない様子とか、
この人は笑顔が似合うのね。
最後のドンキのバジルになったら、笑顔で見栄を切るところなど、
かなりのイケメンに認定した。

あー、ニェダクのマネージュは素晴らしかったです。
リズム良く素早く、スパッスパッと脚が前に伸びて行くの。

フィリピエワも、金平糖の精では笑顔で、
あのぱっちりとした目で可愛らしく、夢の中の理想のお姫様であり、
もちろんテクニックは危なげなく、決めるところはビシッと決め、
とにかく素晴らしかったです。
瀕死の白鳥では、もう十八番という感じの余裕のある動きで、
迫り来る死から逃れようとしていたけれど、最後は諦める・・・
という感じでした。
最後まで生への執着を見せる白鳥もいますけどね、
フィリピエワの白鳥は、静かに息絶えていきました。

去年のバレエの神髄でも来日してくれたチェボタル
豪快かつ緻密なコンラッドとコバックで見応えがあった。
脚の先まで神経が行き届いているから、脚が一層長く見えるのね。
顔はマレー熊みたいだけど。

それから、キエフバレエのコールドの皆さん、
特に男性のダンサーさんは、なんかおぼこいと言うか、
いい意味での垢抜けなさが有って微笑ましかった。
そして、ハゲが多い。
なぜか多い。
一昨年の年末のキエフの公演の時もそう思ったんだっけ。
つまり、ハゲたダンサーさんはずっとコールドのままな訳で(;_;)

家に帰ってから見たパンフ(1000円)に、この公演の日程が書いてあり、
今日(7/19)東京で公演して、もう明日(7/20)は静岡公演、というように
移動を含めほぼ連日の公演ありという、超過密日程なのを知った。
フィリピエワ、無理しないでね。
長野公演の後に金沢公演とか、結構大変そう。
出稼ぎ、とか、ドサ回り、という言葉が頭に浮かんだ。
でも、安全な日本で、大いに外貨を稼いで帰って欲しい。

そんで、パンフに入ってた、今年の年末のキエフバレエの公演のチラシを見たら、
出演予定ダンサーの中に、フィリピエワの名前が無かった。
もう来日してくれないのかな・・・・年だし・・・・。
今日見るフィリピエワが、もしかして最後かも…と思ったら、泣けてきた(>_<)

ありがとうフィリピエワ、今日の踊る姿を忘れないよ〜。

と、涙を拭いてたら、娘が「ママなに泣いてんの?」と。
悪かったね、年取ると涙もろくなるのよ。
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-07-20 14:13 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ公演 第2回グラン・ガラ・コンサート~私たちはひとつ!!

東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ公演 第2回グラン・ガラ・コンサート 私たちはひとつ!! 

会場
Bunkamuraオーチャードホール(東京)

日時
2014年7月14日(月)
18:30開場/19:00開演

【第1部】
「赤と黒」よりパ・ド・ドゥ(振付/ウヴェ・ショルツ)
(エカテリーナ・マルコフスカヤ/アレクサンドル・ザイツェフ)

「パリの炎」よりパ・ド・ドゥ
(オレーサ・シャイタ-ノワ/ブルックリン・マック)

「The Beginning」(振付/ヴラジミール・バルナバ)
(イーゴリ・コルプ)

「La rose malade(薔薇の死)」(振付/ローラン・プティ)
(田北 志のぶ/ニキータ・スハルコフ)

「Les bourgeois」
(アレクサンドル・ザイツェフ)

「ラ・バヤデール」第三幕よりパ・ド・ドゥ
(マリア・アラシュ/ルスラン・スクヴォルツォフ)

【第2部】
「エスメラルダ」よりパ・ド・ドゥ
(オレーサ・シャイターノワ/ニキータ・スハルコフ)

「As above, So below」ソロ(振付/エドワード・ライアン)
(ブルックリン・マック)

「Como Neve al Sole」(振付/ローランド・アレシオ)
(エカテリーナ・マルコフスカヤ/アレクサンドル・ザイツェフ)

「黄金時代」よりリタとボリスのアダージョ
(マリア・アラシュ/ルスラン・スクヴォルツォフ)

「シェヘラザード」よりパ・ド・ドゥ
(田北 志のぶ/イーゴリ・コルプ)

「ダイアナとアクティオン」よりパ・ド・ドゥ
(ブルックリン・マック、出演者全員)

フィナーレ 「花は咲く」
(全員)

宝石を寄せ集めたような、キラキラした舞台でした。
コールプの金の奴隷を観る事が出来て幸せ!!
ダンサーの皆さん、日本に来てくれてありがとう!

去年も同じこと書いてると思うけど、
ブルックリンマックがめちゃくちゃ上手かった。
ジャンプだけじゃなくて、回転も得意なのね。
頭の位置が全然動かなかった。

エフセエワが来日出来なくなったのは残念(>_<)
その代わり、コールプのビギニングを観られた。
リンゴを小道具に踊るコンテ。
スモークたきすぎで、ちょっと良く見えなかった(T-T)

王子姿しか見たことなかったルスランは、
コンテで白のTシャツ着てたら、映画俳優みたいに格好良かった。
ザイツェフの酔っ払いみたいなコンテ、面白かった。

コールプの金の奴隷は、
今まで見たことない位、やたら目をギラギラさせてニヤついてて、
更に常に歯をむき出してて、危ない人(奴隷)全開だった。
田北さんのゾベイダの身体をいやらしく触りまくり。
もう、待ってました!こういうの見たかったの〜!と心の中で大拍手した。
これを見るために産まれて来たんだって分かった。
と、娘に言ったら、呆れられた。

アラシュのニキヤは、ただでさえ大きな目をかっ開いてて怖かったけど、
あれが、この世のものではない印だったのだろうな。
アラシュのニキヤは、本当に心を持たない亡霊となってしまった感じが出てた。
これが、コジョカルとかだと、悲しみでいっぱいの亡霊なんだよね。

最後にお花を観客に配る時、ブルックリンマックは
かなり後ろの方の席にまで、時間をかけて渡していた。
来年は通路側の席を絶対取る!!!

去年も同じガラを見て。産まれてきて良かったぁ!と思ったので、
今日の、第2回グラン・ガラ・コンサート のチケットを迷わず取ったけど、
やはり今年も感動した!
去年出てくれたエフセエワ居ないのが返す返すも残念…。



キャスト
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-07-20 13:49 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

今年は行きますよ〜!

娘の受験も終わったし、今年はまた、遠くへ行こうと思ってます。

父親のリクエストで、ドイツ、直行便のあるフランクフルト周辺で考えてます。
今回はちょっと長目に行ってくる予定です。

a0001335_11202063.jpg



……あ、そんな訳で、今年はフジもサマソニも欠席です…。
サマソニはもろに旅行とかぶってるし、フジは娘の合宿とかぶってるもんで(^_^;)
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-07-06 11:17 | | Trackback | Comments(0)

娘の近況は

学校でお友達もできて、楽しくやってるようです。

先日などは「中間試験の打ち上げ」と称して、
ボウリングなどをやってきた模様。
まだ中1なのに・・・・。

学校が遠いので、ボウリングにしろ遊ぶにしろ、
K市内じゃないのがちょっと心配ですね。

まあ、誰とも馴染めず辛い・・・ということがないので、
親としてはホッとしています。

部活はバスケ部に入って、毎日遅くまで頑張ってます。

部活自体は18時までなんだけど、片付けしたり
バス待ちしたりしてると、家に着くのは19:30を過ぎることも。
勉強大丈夫なんかいな・・・。

期末テストが終わったらすぐに合宿らしいよ。

気になる勉学の方は、中間試験の結果が、
とりあえず真ん中よりは上かな?という感じらしい。
そろそろ総合的な結果が来る頃と思われます。


なんか、中学に入って、いろいろと大人っぽくなってきたのを感じます。
親をうるさいと思う気持ちが強くなったり、
友だちとのやり取りの方が大事と思うようになったり、
自分で考えて参考書を選んだり。

親もそろそろ子離れの準備ですかね・・・・。
[PR]

# by sprewell8_daisuki | 2014-06-07 10:29 | | Trackback | Comments(1)