英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団「眠れる森の美女」

5・21(土)13:30の回を見てきました。

オーロラ:タマラ・ロホ/王子:イアン・マッケイ

場所:東京文化会館


もうね素晴らしくて夢の中にいるようでした。

まず何が素晴らしいって、舞台装置と衣装が豪華な事!
さすが王国って感じの、豪華絢爛なんだけど、安っぽいキラキラじゃなくて重厚なの。
舞台装置も本当のお城みたいで。

オーロラ姫のタマラ・ロホさん、ローズ・アダージョのバランス、素晴らしかったです。
それと可愛らしい17歳になったばかりの姫って感じが良く出てました。
手中の珠として育てられた天真爛漫さがオーロラ姫の真髄だと思います。

王子のイアン・マッケイさん、もっと見たかったなあ。
眠りの森の美女ってどうしても王子の出番が少ないと思ってしまう。

悪い魔女のカラボスとその下僕がコミカルで面白かったです。
カラボスを中心に肩組んだみたいにして踊るのが良かった。

登場人物のフォーメーションというのかな、配置がきまってたと思います。
1幕の最後、リラの精を中心に、全ての登場人物が放射状に立って中央へ向けて
びしっとポーズを決めてるところとか、
最後のフィナーレで、同じように中心のあるフォーメーションで
全員が喜びの表情でポーズをとってるところへ、金の紙吹雪がぱーっと舞って
まるで本当のおとぎ話の中にいるようでした。
いやあ、感動したなあ・・・。

もうひとつの演目「ダフニスとクロエ」もチケット取れば良かったな、と
少し後悔したのでした。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-26 11:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

東京バレエ団「白鳥の湖」

6/19(日)15:00の回を見てきました。

オデット/オディール:上野水香
ジークフリート王子:マシュー・ゴールディング
王妃:松浦真理絵
悪魔ロットバルト:柄本弾
道化:松下裕次

場所:ゆうぽうとホール


先日の「ラ・バヤデール」に続いて、上野水香ちゃんとマシュー・ゴールディングさんです。

私はバレエは本当に初心者なのですが、
今回の白鳥も素晴らしかったです。
東京バレエ団の群舞はかなりきれいに揃ってると思います。

ゴールディングさんは、先日に続いて代役での出演でした。
本当は、ロベルト・ボッレさん(トリノ五輪の開会式で妙な髪型で踊ってた人)だったのよね・・・・。
見たかったなあ・・・・。

年齢が本当に若いんでしょうね、なんか表情が初々しかったです。
なので、オディールに騙される世間知らずの王子って感じが出てました。
オディールに踊りで誘惑されて嬉しそうにしてました(笑)
それで「騙された!」って分かった瞬間に女王にとりすがる姿も
ちょいマザコンの王子らしくて似合ってました。

上野水香さんはオデットのはかなさよりもオディールの妖艶さの方が
上手く出ていると思いました。
なんかたくらんでそうにジークフリード王子を眺めやる目つきが最高です。

ロットバルトはまんまフクロウって感じの衣装なんですけど、
ジュディオングばりの翼広げまくりで、そこまでしなくても・・・って感じ。

今回は私の好きな道化がいるバージョンで、期待通りジャンプしまくってました。
コミカルな演技で1幕と3幕を盛り上げてました。

ゆうぽうとホールはちょっと遠いのですが、見やすいですね。
女子トイレは足りないと思います。
あの列を見ると気力が萎えます。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-26 11:36 | 舞台 | Trackback | Comments(0)

買っちった

a0001335_10533033.jpg

[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-19 10:51 | 日記 | Trackback | Comments(3)

The Vaccines

What Did You Expect from the Vaccines?

Vaccines / Sony



最近よく聴いてるのがコレ。

なんか良くあるメロディーぽいんだけど、
渋めの低音の声とノリの良さが好きですね。
1,2曲目とかライブですごく盛り上がりそう。

楽しみです。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-18 15:38 | 今日の音楽と映画 | Trackback | Comments(0)

本物の手拭い

手拭いが好きだ。

肌触りが良くて水を良く吸うのだけれど乾くのも早い。
柄も豊富。

でも、良い物は高いんですよね。
そういう物は染めも柄も格別に良いしね。
注染とか本染とか言って、色がしっかり裏まで染まってるんですよ。
小紋柄なんかだと、表裏が無いように見える。
粋な江戸っぽい柄が多いですね。
昔、祖母が踊りをやってたので、そんな手拭いが家にも有りました。

で、まあ、普段使いには100均のを愛用してます。

これが、なかなか本物の手拭いが売ってないの。
特にダ○ソー。
四方がかがってある。
つまり、長方形に布を断って、縁を折り返して縫ってある。

それじゃ手拭いと言わないよね。

手拭いって、35センチ幅の木綿の布を95センチくらいの長さに切ってあるものだもの。
つまり、長方形の長辺は耳(布の端でほつれない)で、
短辺は切りっぱなしなの。
縫い代や縫い目は一切なし。
だから乾くのが早いし肌触りも良いのだよ。

ところがキャンドゥに行ったら有りました。
まあ、染めはプリントだけど。裏側は白いんだけど。
微妙に小さい気もするけど。
使う分には全く問題なし。


a0001335_23255791.jpg

[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-13 23:07 | 日記 | Trackback | Comments(15)

感謝感謝

先週の土曜日、デパートで日傘を買った。

前から欲しかった、紺の日傘。
縁に刺繍が有るやつ。
畳むのも楽チンで、本当に気に入ったものだった。


その後、ディズニーシーに行った。
嬉しくて日傘を差したり畳んだり、
カバンから取り出して眺めたりしていた。

そしたら、まんまと失くした。
モノレールの駅まで来て、スイカを出そうと
カバンをごそごそした時に、日傘が無いのに気付いた(;つД`)

すぐインフォメーションに行って、遺失物として届けた。
受付の人はとても丁寧に傘の特徴を聞いてくれ、
見付かったら普通郵便で送る、と教えてくれた。

more
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-08 08:52 | 東京ディズニーリゾート | Trackback | Comments(4)

いちいち

謝ってるようで、いちいち嫌味っぽい言葉を入れてくるのはなんでだ?
自分は悪くないって内心思ってるんだろうね。

言い訳のつもり?

その気持ち、全部、表に出ちゃってるよ。
格好悪いよ、そんなの。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-05 13:45 | 日記 | Trackback | Comments(5)

誰もが心に傷をもってる

藤沢周平に次いでハマってるのが、こちら。

紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

宇江佐 真理 / 文藝春秋




基本、切ないお話が多いです。

主人公の伊三次は、かなり男前の廻り髪結いなんですが、
裏では、南町奉行所の同心、不破友ノ進の小物を務めています。
そして付きあってるのが辰巳芸者の文吉。

この伊三次といい不破といい文吉といい、欠点だらけなんですよね。
いや、この物語に出てくる人みんなが、欠点だらけ。
そして、誰もが心に、人には言いたくない傷を抱えている。

そんな人たちばかりだから、江戸に起きた事件を解決する日々のそんな中で、
お互いに諍いを起こしてすれ違ったり、傷ついたり。
嬉しいことがあっても、手放しで喜べなかったり。

なんか、まるで私たち自身みたいです。
登場人物皆に幸せになって欲しいな、って思います。

あ、悪人は別です。
引き回しの上、獄門がお似合い。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-05 13:39 | | Trackback | Comments(0)

意識が全開になって遠くへ飛んでく

Hardcore Will Never Die But You Will

Mogwai / Sub Pop



今頃って感じですが。

最近、好きで良く聴いています。

仕事が終わって通勤路を歩いて帰る道すがらに聴いていると、
夜空に向かって意識がパーーッと広がっていく気がするんですよね。

なんか多分疲れてるせいもあるんでしょうけど(笑)

だから、会社に行く時に聴いては駄目ですね。

1曲目の曲名が面白いです。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2011-06-05 13:27 | 今日の音楽と映画 | Trackback | Comments(2)