やっと週末だっ!

DSのゲームソフト「真・女神転生STRANGE JOURNEY」を買おうかどうしようか、
かれこれ一ヶ月も迷ってるsprewell8_daisukiです。


あーー今日も忙しかったし、とっても疲れたが、
ようやく無事に終わったぞー。
汗水たらして(ITは肉体労働でつw)働くのって、大変だけど楽しいな。


今夜は熱燗飲んじゃうもんね~(^-^)
にしし。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-29 18:55 | 日記 | Trackback | Comments(20)

善行を積んだ?

うちの会社で、総務部を窓口にして
ハイチの地震の被災者への義捐金を募集していたので、
今朝、募金してみた。

どうやら被災者の生活必需品になるらしい。
ちっぽけな金額だったけど、何もしないよりマシだろう。


先日、N○Kの世界遺産の番組でシリアを取り上げていて、
イスラム教徒の「ワクフ(喜捨)」の考えについて取り上げていた。
沢山持つものは持たないものに分け与えるのが、
コーランの教えであり、当たり前の行為であると。

モスクはもちろん市場も学校も、ワクフによって建てられているモノが多く、
学校はノートや鉛筆に至るものまで無料だという。
ある金持ちが感謝祭に食べる羊の肉を一つ一つ袋に入れて
貧しい人の家に配って歩いていた。
当たり前の行為なので、貧しい人も受け取るのは恥ずかしい行為じゃない。
それほどお金持ちじゃない人も、一つの水飲み場を寄付したり。

それで全てが解決できるわけじゃないけれど、
なんか良いなって思った。
自分ひとりの力で成功して金持ちになったように思うと、
貧しい人は努力が足りない!みたいな考えに陥りがちだけど、
そこに神のご加護もあったと思えば、施しも当然なのだろう。

ただ、残念な事に今はワクフは全て政府を通して行わなければならず、
どこに何を建てるかなどは政府が管理してるとか。


ま、まとまらなくなったが、要するに、
今日は一つイイ事したな!ってこと。
誰のためでもなく、自分が良い気分になるな。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-27 09:35 | 日記 | Trackback | Comments(4)

読書記録 : 闇の掟

タイトル:闇の掟
著者:澤田ふじ子

闇の掟―公事宿事件書留帳〈1〉 (幻冬舎文庫)

澤田 ふじ子 / 幻冬舎



感想:

またまた「ハマる時代小説」、
キタ━━━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━━━!!!!

面白い面白い!
主人公の菊太郎が、カッコイイことカッコイイこと!

京都を舞台にした時代小説です。

奉行に訴訟を起こした人が手続きをしたり詮議の間に泊まる宿、
「公事宿」を舞台に、主人公の菊太郎が事件を解決していく
捕物帳の一種です。

菊太郎は、同心組頭だった親が外で産ませた子であり、
一方、正妻が産んだ鉄(字がでない)蔵という弟がいる。
菊太郎は「神童」と呼ばれるほど出来の良い息子だったにも関わらず、
弟の鉄蔵に同心の家督を譲るために、途中からわざと放蕩息子を装い、
家を出奔する。
行き倒れになりそうになったりしながら、諸国を放浪してたらしい。

その間に鉄蔵が同心組頭を継いで職務に励み、妻帯もした頃、
菊太郎が京都に戻ってきて、そこから話が始まります。

菊太郎は公事宿に居候してるのね。
公事宿だから、主人や番頭から、事件の詳細を聞く事ができるし、
弟が同心だから、お上側の事情も分かる。
自分は放浪中に酸いも甘いも噛み分けて人間観察にも長けてる。
もちろん剣の腕は、若いうちからの折り紙つき。
設定がとても上手いこと出来ています。

また、京都が舞台という事で、話し言葉が江戸モノと違うところが、
すごく雰囲気良いんですよね。

これは全巻集めねば!
いやあーーーヤル気出てきたぁ!!!
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-25 09:34 | | Trackback | Comments(2)

今日は遠出

a0001335_1133627.jpg




今年も。
あんこうあんこう!
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-23 11:33 | | Trackback | Comments(6)

仮面●イダーWって

1月で終わるとばかり思ってた・・・・。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-22 15:48 | TV | Trackback | Comments(4)

そうそう

ライフログの検索、直ったぽい。

だから下のポストが出来たわけで・・・・。


だけど、エキブロ向上委員会には何もアナウンスされてないんだよなあ・・・。

最新記事のコメント欄には、
いくつかライフログの検索が不可能な件について書かれてるのに。
(私も書いたww)

絶対、それ見て直したと思うんだよなあ・・・。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-21 15:32 | 日記 | Trackback | Comments(2)

読書記録: 人形佐七捕物帳

タイトル: 人形佐七捕物帳
著者: 横溝 正史

人形佐七捕物帳 (光文社時代小説文庫)

横溝 正史 / 光文社



感想:

本作をすっごく楽しみにして図書館から借りてみたら、
これ、主要な話を一冊にまとめたダイジェスト版なのね・・・・。


人形のように美しい顔をしてる岡っ引きの佐七が
事件を格好良く粋に解決していきます。
勘が鋭くて、目が利き、かつ事件の関係者へ名前が
出ないように配慮をしたり。
割とスーパーマンな感じです。

それにしてもなんかね~、横溝正史って良いですよね~。
ちょっと金田一チックなおどろおどろしい殺人もあるし、
佐七の子分の辰と豆六の2人もユーモラスです。

奥さんのお粂も美人で色っぽいしね。
女性の描き方も、女性が作者の「かわせみ」とは違って、
なんつーか「艶っぽい」気がしますよ。
商売女とか年増女の描き方が上手いと思う。
「かわせみ」は清楚で貞淑な美人が多いですもんね。

次は、横溝正史がお手本にしたという、
岡本綺堂の「半七捕物帳」でしょうか。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-21 10:00 | | Trackback | Comments(2)

あだ名その後

月曜日、先生とお話した娘。

確かに嫌なあだ名で呼ぶという事があったらしい
と判断した先生は、K君とも話した。

K君は「いじわるするつもりは無かった」と
おんおん泣いた(娘談)らしい。


「泣くくらいなら、言わなきゃいいのに」とは娘の弁。

まったくだ。


しかし・・・このごろの「他人を落として笑いを取る」やり方、
なんとかならないのか・・・。
トーク番組でも芸人のブサイクを笑ったり、
クイズ番組でもお馬鹿を笑ったり。
前からあったけどさ・・・・最近すごくない?
てか、そんなバラエティー番組が増えた気がする。

確実に子供の世界にも、面白ければ他人を馬鹿にしても良い、
という風潮があるような気がしてならない。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-20 10:19 | | Trackback | Comments(12)

ん?不具合?

ライフログの検索が日本語だと出来ない・・・・。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-18 16:58 | 日記 | Trackback | Comments(2)

来てます

a0001335_14211938.jpg




これから地底探険です。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-01-16 14:21 | 東京ディズニーリゾート | Trackback | Comments(2)