A子とB子

『ちりとてちん』の細かすぎる演出が話題!? | Excite エキサイト

今のNHK朝の連ドラ、「ちりとてちん」が話題になっているとか。
製作者側の「遊び」が沢山入っているみたいですね。
後ろ向きでネガティブ思考な主人公も人気らしい。

確かに、落語の題材と現実の人物や出来事が上手くからんでいて、
「細かいなぁー」と思いながら見ています。


けど・・・・実は、私はこの主人公の女の子にあまり共感できません。

A子にコンプレックス持ってるのは分かるけど、
なんだかなぁ・・・って思います。
そんなにA子と一緒にいると嫌な自分になってしまうのが嫌なら、
最初から友達ぶらなければいいのに・・・と思ってしまいます。
自分のまいた種じゃん、って。

実際、A子もB子に負けないくらい空気読めない子で、
B子のコンプレックスに全く気付いてないけど、
A子はB子に自分の気持ち(大学生活は合コンばかりでなんか違うとか)を
正直に話していますよね。
やっぱりB子を友達と思うからだと思う。

B子はA子と一緒にいたくないくせに全然自分の本音を言わずにいて、
突然「私の居場所に入ってこないで!」なんてさ・・・なんだかね・・・。
ドラマ的にはやっと本音が言えて、少し成長したってことなのかしら?
でも近くにいたら扱いづらい子だな・・・・と思ってしまいます。
いきなり言われたA子も可哀想。

まあ、これから落語家として成長するとともに、
A子へのコンプレックスも解消されると思うので、
今後の展開に期待!ってところでしょうか。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2007-11-30 11:37 | 日記