バレエの神髄 2013 文京シビックホール

ルジマトフの金の奴隷を見たくて、文京シビックホールまで行って来ました。


第1部 ガラ・コンサート

「パキータ」より
クーハリ、ストヤノフ、キエフ・バレエ
音楽:L.ミンクス 振付:M.プティパ

クーハリは少し小柄で情熱的な感じ。
バランスが得意なのかな。
レヴェランスの時もトゥで立って、グラグラせずにいました。
ストヤノフは優し気なイケメン。
だけどジャンプも回転もバシバシ決め、最後のポーズでもう「ドヤ顔」としか言いようのないドヤ顔してくれました。
若い子が、見て見て!僕すごかったでしょ?と言ってる感じ。
途中のキエフバレエのソリストのヴァリエーションもなかなか上手でした。

「帰還」
ルジマトフ

舞台が暗くてルジが良く見えない…。
しかもコート着てて肉体も見えない…。
すぐにコートは脱いでくれました。
すみません、コンテンポラリーは良く分からないので、眠くなりました。
ゆっくりとした動きでしたねえ。

「ドン・キホーテ」よりパ・ド・ドゥ
エフセーエワ、シドルスキー
音楽:L.ミンクス 振付:M.プティパ
エフセーエワ、良かったです!
気が強くておきゃんなキトリそのもの、という感じが良く出てました。
去年のマリインスキー来日公演や今年のチャリティガラの時よりも、テクニックが強くなってたように思えました。
シドルスキーもバシルのヴァリエーションで、難しいジャンプを次々と繰り出してました。
背が高く脚がすらっと長くお尻はプリッと、もう白いタイツが良く似合ってました。

「海賊」よりパ・ド・ドゥ
チェプラソワ、チェボタル
音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパ
岩田さんが昨日の公演で怪我をされたとの事で、キエフバレエのチェボタルが代役での出演です。
チェプラソワは安定してましたので、チェボタルを若干リードしてたように見えました。
チェボタルは、まだ少しひょろい上半身でしたが、突然の代役でも頑張ってジャンプやリフトをこなしてましたよ。


第2部 ガラ・コンサート

「ロミオとジュリエット」よりバルコニーの場面
クーハリ、ストヤノフ
音楽:S.プロコフィエフ 振付:A.シェケロ
この2人は若いせいか、やはりロミオとジュリエットらしさが有りました。
特にクーハリは、もうロミオしか見えてないのよーと言う夢中な感じが出てました。

「ナヤン・ナヴァー」
岩田守弘
青い手ぬぐいのような布を小道具として、何か祈りを捧げるような風の踊りでした。
途中雨が降って来て、手ぬぐいを浸して捧げ持つようなシーンが有りました。
岩田さんらしいかって言われると?
やはりアリで見たかったかなあ。

「瀕死の白鳥」
フィリピエワ
音楽:C.サン=サーンス 振付:M.フォーキン
フィリピエワの瀕死の白鳥、素敵でした。
体型は、そりゃもうロパートキナとかザハロワと比べると、手足もそれ程長く無いですし細くも無いんですが、あの大きな目を伏し目がちにして、アームスの動きも柔らかく(ロパ様は腕の動きは硬めですもんね)、充分に死に瀕した白鳥の嘆きみたいなものが伝わりました。

「ラ・シルフィード」よりパ・ド・ドゥ
吉田都、シドルスキー
音楽:H.レーヴェンショルド 振付:A.ブルノンヴィル
シドルスキーはジェームズ役と言う事でキルトのスカートを履いており、素敵なお尻が見えませんでした。
が、ブルノンヴィル版の軽快な足捌きは見応えありました。
生で見るのは初めての吉田都ちゃん、小柄だし可愛らしい笑顔だし、ふわっとしたジャンプや足捌き、とても妖精らしかったです。
良いもの見たなぁとジーンとしました。

「ボレロ」
ルジマトフ
音楽:M.ラヴェル 振付:N.アンドローソフ
ごめんなさい、これはですね…ムムムム。
最初にボレロとしてベジャールの振付を見てしまったものとしては、なんとなく違和感ありました。
もっとリズムを感じさせてくれえ、と言うか。
ベジャールのと比べると、ちょっとすました感じに見えてしまったのですよね。

第3部 「シェヘラザード」(全1幕)

ルジマトフ、フィリピエワ、キエフ・バレエ
音楽:N.リムスキー=コルサコフ 振付:M.フォーキン

お待ちかねのルジマトフの金の奴隷。
全幕なので、まずはシャリアール王の出征に至るまでが描かれます。

フィリピエワのゾベイダ、青いハーレムパンツを履いて上には金のガウンを着ています。
シャリアール王はお髭の立派な大男。
王の弟シャザーマンもお髭の大男。
よく似てるので衣服で見分けるしか。

王に弟が、ゾベイダは浮気してるぞ、と吹き込みますが、王は取り合わない。
王が戦へ出掛けようとし始めた頃から、フィリピエワのゾベイダは顎に手を当てて企んでる仕草w
オダリスク達と王の出征を見送ると、すぐに宦官から奴隷の牢屋の鍵を奪いとる算段。
王から贈られた宝石を宦官に与え、牢屋の扉を解き放つオダリスク達。
ゾベイダは金の奴隷の鍵を無理やり宦官の手から奪い、扉へ走り寄ります。
その背中に、これから金の奴隷とあんな事やこんな事しちゃうわよー!早く早くう!みたいな期待がちゃんと見えるんです。
背中を反らせて待ってましたとばかりに扉へ向かって走っていく姿に。

開け放たれた扉から走り出てくる一匹の獣…じゃなかった金の奴隷ことルジマトフの精悍な姿の格好良いことよ。
全く脂肪の付いてない上半身。
うん、奴隷の衣装は良いです。

それから、二人で濃〜い愛の踊りが続きます。
恍惚とした表情で、ゾベイダの太ももから腰からお腹から背中から胸まで撫で回す金の奴隷。
撫で回されて思わず天を仰いじゃうゾベイダ。
爪先に頬ずりする金の奴隷。
ふふんといった表情で、ひょいっとその脚を引っ込めちゃうゾベイダ。
舞台の端の方では、オダリスクや女官と奴隷たちがイチャイチャしてます。
そのうち、遊びではない愛が生まれたのか、ゾベイダの方が金の奴隷に縋り、金の奴隷はゾベイダにキスして、思いが通じ合った瞬間みたいのがありますよね?
その後に金の奴隷が、うわー嬉しいー光栄ですー!みたいなマネージュをするところが好きです。

うーん、この日も子供が沢山見に来ていたが、良いのかこんなん見せて。

ゾベイダは宦官に宴会の開催を命じ、ご馳走やお酒が運ばれます。
音楽の盛り上がりと共に、ゾベイダと金の奴隷の情熱も燃え上がってくる様子。
最後は男女入り乱れて踊りまくっていると、そこへシャリアール王と弟シャザーマンが帰ってきます。
逃げるゾベイダと金の奴隷。
すぐに事情を察して全員皆殺しを命じる王。

金の奴隷はシャザーマンに斬られて倒れ、その姿に堪らず飛び出すゾベイダ。
でも王に腕を掴まれ、金の奴隷に縋り付くことが出来ません。
ゾベイダは王に赦しを請い、王も情にほだされゾベイダの顔を両手で包み込みます。
シャザーマンは王の肩を叩き、その女はこいつと通じてたんですぜ、とばかりに金の奴隷の身体を脚でごろりと蹴って顔を上に向けます。
ハッと気付き、ゾベイダを突き放す王。
ゾベイダは王の腰の小刀を奪い、シャザーマンに斬りかかりますが、王に取り押さえられ。
良いわ、じゃあ私がこの刀で死ぬわ、良いの?と王に見せ付けるも、王はどうぞご自由に、との答え。

ああ、と絶望して、次の瞬間にはきっぱり決意し、自らに刃を突き立てるゾベイダ。
駆け寄って抱き上げるも、絶命していくゾベイダ。
ゾベイダの亡骸を抱いて悲嘆にくれる王の姿、で幕。

何かねえ、自業自得とは言え、最後の方はゾベイダが可哀想で可哀想で、涙が出てしまいました。
それくらい、フィリピエワの演技がうまかったのでしょう。
王の庇護が無ければ生きていけない後宮の身分だもんね。
金の奴隷と初めて本当の愛を感じたのかな。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2013-07-15 17:58 | 舞台