ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツのクリムト

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツにも行ってきました。
街中の公園にある、近代的な建物でした。

私が一番見たかったクリムトの絵画、それは「パラス・アテナ」。
クリムトと仲間の芸術家が伝統主義派と断絶し、結成したウィーン分離派の象徴となる作品です。

a0001335_10192532.jpg


a0001335_10334318.jpg


冷酷なまでの意思の強さを感じるアテナの眼。
黄金の胸当ての舌を出したゴルゴン像は、旧態依然とした伝統主義派を嘲笑っているかのよう。
それほど大きい絵ではないのに、インパクトは大きかった。

エミリー・フレーゲの肖像も。

a0001335_10243751.jpg


ロマンティックな、愛。

a0001335_10253769.jpg


エレベーターで下の階へ戻ろうとしたら、先客が。

a0001335_10263118.jpg


この美術館にもモダンで素敵なカフェがありますよ。

a0001335_102759.jpg

[PR]

by sprewell8_daisuki | 2012-06-10 10:27 |