キャプテンEOの感想など

ようやっと、復活したキャプテンEOを見てきました。

行った日は10/3。
前日までの天気予報が「曇り後雨」とあまり良くなかったせいか、
ハロウィン時期にしてはかなり空いていました。

キャプテンEOは9時の時点でFPが10:35〜11:35。
スタンバイも40分くらいでしたね。

やっぱり私にとってのマイケル・ジャクソンって、
アルバムならスリラー〜バッドまで、プラス、キャプテンEO!
って感じなんですよね。
マジックジョンソンとPVで競演してた曲とかも好きだったけどさ。
ディズニーランドに行く度に、キャプテンEOは入っていたな。
空いていれば二回三回と入る時もあったし。






まずは、ウェイティングエリアで見るキャプテンEOのメイキングの映像。
EOのロゴがグルグルと独楽のように回転するのを見て、
「おおっ!確かにこんな始まりだった!!」と感動。

コッポラ、ルーカスに挟まれて笑ってるマイケル。

ダンスの練習のシーン。
セットを作ってるシーン。
特殊メイクをしているシーン。
出演者の髪型とか古く感じるけど、それもまた一興。
どれもこれも懐かしかったです。

このメイキングでは、マイケルはほとんど出てこないのよね。


3Dメガネをかけて入場。
いよいよ、本編の始まり。

まず、以前と違っていたところ。

確か、天井にも電飾が配置されていて、宇宙の星空が画面から
ずっと広がってるような演出があったと思うのだけれど、
それは有りませんでした。
後、煙が出なかったっけ?うーん。

それと字幕が見辛い!
なんかにじんだようになっていて、判読しづらかったです。
以前はこんなに見辛いと思った記憶はないのよね。

それと、プラスされていた演出も。

フーターのくしゃみのシーンで、水しぶきが出る。
演出と分かっていても、なんか汚いww

それと、椅子が動きます。
宇宙船が衝撃を受けるシーンや、
キャプテンEOのダンスに合わせて、
椅子がズンズン動きます。
悪路を走ってるバスみたいな感じ。

ストーリーはオリジナルのままでした。

ボケキャラのフーター。
最後にバイバイする、可愛らしいファイヤーボール。

倒れたマイケルの上に目玉焼きが乗ってるところを、
目にした瞬間に記憶も甦るという、不思議な感覚。

ニコニコ笑うマイケルは、本当にキュートで格好良い。

一曲目、チェンジ・ザ・ワールド。
手からビームを出して、次々と人々を元の姿に戻すマイケル。
皆の歌と踊りのパワーで、ふわっと身体が浮き上がって、
それをちょっと驚きながらも受け入れて、女王に向かうマイケル。
こんなに生き生きと歌って踊ってる人が、
いまはもう居ないんだなあ・・・と思ったら、
じんわり涙が出てきてしまった。

二曲目、アナザー・パート・オブ・ミー。
最後に女王を美しく再生させて、お別れするシーン。
手を振りながら明るく光ってる出口へ仲間と向かうマイケル。
ああ、行ってしまう・・・となんだか涙が止まらなくなり。

また見たいな。
来年の6月末までですよね。

またランドの年パスも買うかな・・・・。

来てます。
[PR]

by sprewell8_daisuki | 2010-10-04 10:49 | 東京ディズニーリゾート